トップページ | 【ボードゲームレビュー】パンデミック ★★★★ »

2012年9月16日 (日)

【ボードゲームレビュー】カルカソンヌ ★★★★

ボードゲームレビュー一覧

Carcassonne_1

評価:★★★★[4/4](2人プレイでの評価です)

プレイ人数:2人~5人

プレイ時間:30分ぐらい

 

初めて買ったボードゲーム。
これは、凄いゲーム。土地がどんどん増えていく、開拓されていく。この喜びは、本能的なものだ。プレイするたびに全く新しい土地が完成する。これもロマンあふれる特徴だ。

簡単なゲームの流れ

  1. 山札から1枚ずつ土地タイルカードを取って、土地を描いていく。
  2. 土地に描かれた都市や道路にコマを置いて占領する
  3. 占領した都市や道路を完成させて勝利点を取得する
  4. 山札のカードがなくなったら終了
  5. 最後の得点計算後、最も勝利点が高い人が勝ち

ゲームの総評

このゲームの魅力は、以下の2点だと思っている。

1つ目は、各プレイヤー得点を示すのに、得点ボードという一枚のボードを使う点だ。

Carcassonne_point_board


このボードにコマを置いて、勝利点を取得するたびにコマを進めて勝利点を示す。勝利点の蓄積が、駒をコツコツコツと進める音により感覚的に得ることができる。

特に、最後の得点計算は爽快だ。
プレイ途中にも勝利点は入るのだが、全ての土地タイルがなくなった最後の得点計算でも、プレイヤーは多くの点数を加算する。このときコマを大きく進めることで、積みかさねた実績を一気に得られるコツコツコツ、とコマを大躍進させて進めていくその音が、達成感を演出する。

慣れてしまえば、最終的に自分が何点になるか、いちいちコマを進めなくても分かる。将棋で言えば、王将を取るような「詰め」までやらない、プロ棋士のスタイルとは真逆なものだ。しかしこの最後の儀式は「お遊び」のカルカソンヌに欠かせない。プレイの最後を締めくくるに相応しい儀式だ。


2つ目の魅力が、ランダム要素の仕組みが美しく昇華されている点だ。

これは、プレイするたびに作り上げる地形が変わっていく、つまり毎回新鮮なプレイが楽しめる、というランダム要素。そして、完全に戦略だけでなく、カード運により勝利がどちらに転ぶか分からないという運の要素。この2つが非常にキレイに組み合わさっている。どちらも土地タイルという1つのアイテムに集約されている点が美しい。特に、"適度に"運によって勝利がどちらかに転ぶという点は、ボードゲーム経験の少ない身としては非常に良い印象を持った。

最初にボードゲームにハマるきっかけを与えてくれたゲームだ。自分には今後もずっと特別なゲームであり続けるだろう。

トップページ | 【ボードゲームレビュー】パンデミック ★★★★ »

ボードゲームレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558037/55680235

この記事へのトラックバック一覧です: 【ボードゲームレビュー】カルカソンヌ ★★★★:

トップページ | 【ボードゲームレビュー】パンデミック ★★★★ »