« 【ボードゲームレビュー】クアルト!★★☆☆ | トップページ | 【海外レビュー記事翻訳】スペースアラート - 異なる次元のゲーム »

2012年11月28日 (水)

【ボードゲームレビュー】おばけキャッチ ★★☆☆

Geistesblitz_01


評価:★★☆☆[2/4]

プレイ人数:2~8人

プレイ時間:20分ぐらい


反射神経ゲーム。コンポーネントのかわいさが素敵。こういうアクションゲームというのは、きっとゲームとしての息が長いだろうな。

簡単なゲームの流れ

  • ①カードの山札と5つのフィギュアをプレイヤー全員の前に置く。
  • ②1枚カードをめくる。
  • ③カードには2つの物体が描かれている。
  • ④カードの絵の中に、5つのフィギュアのうち同じ色、同じ形のものがあれば、早い者勝ちでそのフィギュアを取る。
  • ⑤同じ色、同じ形の物体がなければ、色も形も合致しないフィギュアを早い者勝ちで取る。多く取れた人が勝ち。

ゲームの総評

後だしジャンケンで、必ず負けないといけない、みたいなゲームだと最初思った。視覚情報を分析して、適合するものを誰よりも早く手に取る。よく考えるとクアルトの裏返しのようなゲームだ。

これ、最高のファミリーゲームじゃないかな。子供が夢中になっていたら、平和な気分になりそうだ。そして、大人が夢中になっていても微笑ましい。すばらしいゲームだ。

おばけキャッチ2も全く同じゲームで、フィギュアとカードだけ異なる感じなのね。混ぜて遊ぶとバリエーションが増える、ということらしい。なるほどー。

« 【ボードゲームレビュー】クアルト!★★☆☆ | トップページ | 【海外レビュー記事翻訳】スペースアラート - 異なる次元のゲーム »

ボードゲームレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558037/56211820

この記事へのトラックバック一覧です: 【ボードゲームレビュー】おばけキャッチ ★★☆☆:

« 【ボードゲームレビュー】クアルト!★★☆☆ | トップページ | 【海外レビュー記事翻訳】スペースアラート - 異なる次元のゲーム »