« 【ボードゲームレビュー】ひもサバンナ ★★☆☆ | トップページ | 【ボードゲームレビュー】モンスター画家 ★★☆☆ »

2013年9月 8日 (日)

【ボードゲームレビュー】ビッグチーズ ★★☆☆

Big_cheese_01

評価:★★☆☆[2/4](6人プレイの評価です)

プレイ人数:3~6人

プレイ時間:30分


コンポーネントが作るゲーム。

簡単なゲームの流れ

  • ①山札から1枚めくり、出てきたカードをみんなで競る。
  • ②カードには6や12や20など、サイコロの種類が示されている(例:12の場合は12面体サイコロを指す)。
  • ③競りでは手持ちの10匹のネズミをお金のようにして使う。
  • ④競り落としたサイコロを振ることでコマを前に進められる。
  • ⑤一番早くコマをゴールまで進めた人が勝ち。

Big_cheese_02


ゲームの総評


この魅力的な箱(缶ケース)にやられて思わず買ってしまった人も多いと思う。僕も危うく買うところだった。もう予算越えだったので、ゲームマーケットでは泣く泣く購入を見送った。

これ面白い。盛り上がる。サイコロを振るのは一大イベントだ。この「時々サイコロを振る」というのがいい。サイコロを振る時は、みんなが固唾をのんで、それを見守る。小さな目が出れば、みんなが歓喜する一方、振った人は落ち込む。逆に良い目が出れば、みんなでブーブーと文句を言う。ショボイ出目を待つ時のみんなの気持ちだけは協力ゲームのようだ。ゲーム全体に一体感がある。

ビッグチーズはレースゲームであり、競りゲームだ。前に進むためのサイコロは競りで獲得する。競り落とさないと一歩も前に進めない。競り値を決める時は物凄く考えさせるくせに、結局最後はサイコロの出目次第。運に依ってしまう。この流れはテーベにも似ている。ビッグチーズの方が全体的には淡白だし大雑把だけど、コンポーネントの可愛さというか受け入れやすさのおかげか、ゲームとしてまとまりがある。この辺りがこのゲームへの好感度に大きく貢献している。

プレイヤー自身がゲーム空間を作り上げていく競りゲームというのは、不思議なシステムだ。競りゲームはルールや仕組みだけを聞くと「むき出しの骨組み」を見るような、フレームが目立つゲームにも思える。しかし、こうした素敵なコンポーネントとともに実際に遊ぶことで、ずっと贅沢で豊かな遊びのように感じる。

ビッグチーズを所有欲に刺激されて買ってしまった者は幸せだ。いろいろな点において決して大傑作と言えるゲームではないが、不思議と人を幸せにするゲームであるように思う。


評価★★☆☆とした理由……分かりやすさがいい。初心者であっても「あ、このゲームはそうやって考えて競りに参加するんだ」と自然に学んでしまえるのがいい。「ビッグチーズでなくてはならない」という唯一性はあまりないけれど、いつどんな場で出してもみんなを「参加させてくれる」点において素晴らしいゲームだと思う。

« 【ボードゲームレビュー】ひもサバンナ ★★☆☆ | トップページ | 【ボードゲームレビュー】モンスター画家 ★★☆☆ »

ボードゲームレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558037/58124020

この記事へのトラックバック一覧です: 【ボードゲームレビュー】ビッグチーズ ★★☆☆:

« 【ボードゲームレビュー】ひもサバンナ ★★☆☆ | トップページ | 【ボードゲームレビュー】モンスター画家 ★★☆☆ »